読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Every day surrounded by favorites

手帳・文具などお気に入りアイテムの話

ユニボールREを買ってみた

ペン


こんばんは。
ポテチ(@bobmok916)です。

ユニボールREというペンが三菱鉛筆さんから発売されました!
今日が発売日という情報をニュースサイトから入手したので、早速、帰りに文具屋さんに行ってみました。
大きな文具屋さんじゃないので、コーナーはこじんまりとしてましたが、しっかり売ってましたよ。
何色か買ってみようとも思ったんですが、とりあえず、「コバルトブルー」だけ買ってみました。

ユニボールREについて

三菱鉛筆さんが発表した「消せるボールペン」です。
消せるボールペンといえば「フリクションシリーズ」ですよね。
フリクションも引き合いに出しつつ、簡単に特徴をまとめてみます。

特徴① 消せるインク

はい、これはフリクションと同じで、「熱で消えるインク」が採用されてます。
ペンの上に消し具が付いていて、そこでこすると摩擦熱で消えるっていうところも同じですね。

特徴② 消し具にキャップが付いてる

ここはフリクションと違いますね。
フリクションもビジネスモデルの一部のシリーズでキャップが採用されてますけどね。

キャップがあると汚れないとかあるのかもしれませんけど、個人的にはどっちでも良いかな。笑
フリクションのビジネスモデルのキャップと違って、カチッとハマるタイプ(フリクションはペットボトルのフタみたいな構造)なので、逆に失くさないように気をつけないといけないなって。

特徴③ 消し具に「ロック機構」採用

これもまたフリクションと違いますね。
フリクション(ノック式)の場合、クリップ部分をノックするんですが、ユニボールREは消し具の部分をノックします。
「じゃあ消す時、カチカチしちゃうじゃん?」って思いますよね?
安心して下さい。(はいてますよ。古いね。笑)
消し具を下に向けると、ノック部分が固定される構造になっており、消す時カチカチはしません。


使ってみた感想

で、早速使ってみたんですけど、なかなか良いかも?笑
一色しか買ってないので、色味の良し悪しはわかりません。
使った感じはフリクションと同じだと思いました。

良いなと思うところ

書く・消すについてはフリクションと大差ないと思いましたが、デザインはこっちの方が好きかな。(好みの問題ですけど。)
キャップがある分、見た目のバランスが良いように思いました。

気になるところ

すみません、1つだけむちゃくちゃ気になることあります。
「振るとカシャカシャうるさい」
多分「ロック機構」の部品だと思うんですけど、結構カシャカシャ言います。
個人的には気になるけど、振って出すシャープペンとかもあるし、気にならない人は気にならないと思います。


まとめ

冷やして文字復活とか、マーカー上から書いて滲みをみるとか、実験はしてないですけど(多分、ググれば誰かやってるんじゃないかなとは思います。)、書く・消すっていう基本的な使い勝手はフリクションとあんまり変わらないかなって思います。
(でもやっぱり、フリクションの方がキレイに消えるかも。。。まだわかりません。笑)

まだ、売り場も小さいし、フリクションの方が買いやすいので、しばらくはフリクション使い続けるかな。
ラインナップ自体も少ないしね。
でも、今後、細字リフィルや多色ペンは是非出して欲しい。
デザイン次第では乗り換えます!

皆さんにオススメできるかどうかは、正直、まだわかりません。笑
新しい気づきがあれば、また書きたいと思います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村